>   >   > 

とんねるず石橋貴明に引退のウワサ 律儀な体育会系芸人としての素顔


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  

sakura_ishibashi.jpg
矢島美容室『SAKURA -ハルヲウタワネバダ-』エイベックス・エンタテインメント

 とんねるずの石橋貴明が今秋、レギュラー番組降板の危機だという噂が今ネットを駆け巡っている。漫才ブームの後に、革命的学園祭ノリのハイテンションコントで80年代にデビューしたとんねるず。その過激な言動と、それまでの芸人にはない近所の兄貴的な芸風は、当時の若者たちにとってカリスマ的な存在となった。

 『オールナイトフジ』(フジテレビ系)や『夕やけニャンニャン』(同)などの活躍で一躍トップ芸人の仲間入りを果たしたとんねるずは、その後、秋元康や美空ひばりという数々の超大物の後ろ盾を得、独立を画策。個人事務所の設立に成功した彼らは名実ともに芸能界へのトップへとひた走る。

「漫才ブームが下火になってからの80年代は、いわばバラエティ界はドリフとひょうきん族の2大政党でしたけれど、彼らの笑いは元々その前からあるコントや漫才に原点があるものですから、そんなものを何とも思わない、とんねるずのコントは誰の目にもすごく新鮮でした」(業界関係者)

 伝統的な笑いに拘束されずことごとく自由な芸風と、決してブレない体育会系の律儀な態度で芸能界のトップに上り詰めたとんねるず。90年代後半からは、個人事務所ということも手伝って常に芸能人の長者番付で上位をキープしている。そんな、長くバラエティ界に君臨する二人を慕う若手芸人は多い。特に関東芸人たちの彼らに対する信頼は厚いと言える。

 元々とんねるずを一番最初にスカウトしたのが人力舎だったということもあって、人力舎所属のアンタッチャブルやおぎやはぎとは、仲が良い。とんねるず独立に際して後ろ盾になった渡辺プロダクション所属のビビる大木とも石橋は懇意にしている。こういうところで律儀な態度に出るのが、とんねるずがここまで生き残ってきた要因の一つだろう。

「実際、律儀なんですよ。恩を受けたら必ず報いるっていうのは、彼らのいいところですよ。でもまあ、その分、不義理な人たちにはとことん疎遠になるのも彼らの特徴ですね」(前同)

 とんねるずの番組にほとんど吉本芸人が出演しないのも、やはり彼らがこれまでにほとんど吉本の恩恵をうけるようなことがなかったからだろう。吉本でとんねるずの番組に出るのは、番組内の企画でブレイクを掴んだ次長課長の河本くらいだ。

 しかし今のお笑い界は明らかに吉本の一人勝ち状態である。ギャラの高い割りに数字が取れないと悪評の今のとんねるずが、今後も今まで通りレギュラー番組を続けられるとは考えにくい。同世代で活躍してきたB-21スペシャルのヒロミは、スポーツジムなどを経営する実業家として、早々にテレビに見切りをつけた。石橋と下積み時代をともにした、そのまんま東も今や宮崎県知事である。

「石橋も創作和食料理屋『貴』を経営している実業家の一面を持っています。本格的にレギュラー降板の話が浮上しようとも、ギャラの値下げ交渉までして彼らが番組に固執することはないでしょう。『一生を芸にささげる』とか『舞台の上で死ねたら本望』なんていう哲学は、関東の芸人にはない感覚。ビートたけしがバラエティから映画に進んだように、新しいステージに挑戦するのが関東芸人の特徴と言えます」(前同)

 今のように、とんねるずが毎週のようにテレビに出演することも、その内なくなるだろう。後釜として、これまで関東若手芸人のトップを走っていたアンタッチャブルが上げられるが、柴田英嗣の休業問題が長引いているため、おぎやはぎあたりが最有力だろう。

 来年には、石橋の妻である鈴木保奈美の大河出演が決まっている。二世タレントである娘の穂のかもハリウッド女優を目指して邁進中だ。これまで稼いだ金も十分にあるだろう。石橋が番組継続にこだわることはない。たまにテレビ出演するような大御所として、活動すればいい。その際、これまで不可能だったダウンタウンとの共演なんかもありえるだろう。お笑いファンならずとも胸が高まるビッグネームの共演は、今から楽しみだ。
(文=峯尾/http://mineomineo.vox.com/

「メジャーリーグ2」


なんだかんだスゴイ人ですよ

amazon_associate_logo.jpg

「NANA MIZUKI LIVE DIAMOND×FEVER(Blu-ray Disc)」


熱狂的な水樹奈々さんファンのモノマネもウケてましたね

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週