>   > 

大島優子1位予想をズバリ的中!! 選抜総選挙結果から見るAKB48の未来をヲタ鼎談で大胆予想


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

ohshimayuko0609.jpg
総選挙開票後、だるまに目を入れる大島優子

 国民的アイドル・AKB48と姉妹グループSKE48のメンバー106人の中から、ファンの投票によって8月発売の17thシングル選抜メンバーを決定する事実上の人気投票『AKB48選抜総選挙 母に誓ってガチです』。6月9日に開票イベントが開催され、常にトップだった前田敦子を抜き、昨年2位の大島優子が3万1448票で1位を獲得するという"政権交代"を実現させる衝撃の幕切れとなった。だがメンズサイゾーでは、この大番狂わせの"党首交代"を唯一予想していた。

 総選挙開催が緊急発表された3月25日の横浜アリーナ公演からマスコミ界最速で、順位予想を決行(※参照記事1)。さらに、"速報"を分析して再予想し(※参照記事2)、いずれも「1位は大島優子」と唱え続け、見事、ズバリと1位、2位を的中させた。そこで、予想に参加したハードコアなAKB48ヲタを自認する3人を招集し、総選挙の総括と結果から見えるAKB48の趨勢を占う。

参加者

古参ヲタA:AKB48劇場通い4年半の古参ヲタ。女性なら10代から60代まで常にDD(誰でも大好き)。
中堅ヲタB:「スカート、ひらり」でハマった現場暦3年11カ月の中堅ヲタ。
新規大学生C:09年秋のシングル「RIVER」から入った新規ながら、ズッポリAKB48にハマった有名大学の学生。

A いやいや、優子1位、敦子2位、当てちゃったよ~。「総選挙公式ガイドブック」(講談社)で、南海キャンディーズ・山里亮太を筆頭に、『週刊AKB』(テレビ東京系)の"後藤P"こと後藤喜男プロデューサー、「週刊プレイボーイ」(集英社)の編集者、「B.L.T.」(東京ニュース通信社)の編集長ら"10賢人"、そして、「BUBKA」(コアマガジン)も予想できなかったこの大逆転劇。いかに俺たちがAKB48のリアルをこの目で、身銭を切って、現場を見てきたかが証明されたね。

B さてさて、結果と同じく40位から語っていきましょうよ。今回の発表はなんといっても司会が徳光和夫と木佐彩子。前回のトガちゃん(戸賀崎智信AKB48劇場支配人)としのぶー(AKB48スタイリスト・茅野しのぶ)の手前味噌コンビから格段のグレードアップ。山ちゃんじゃなくてよかった(笑)。さて、40位は、研究生・石黒貴己ちゃん。選挙締め切り直前に、研究生加入前に撮られたと思しき彼氏とのプリクラが流出。それでも、見事ギリギリでアンダーガールズに"入閣"。39位がなっつみぃ(松原夏海)。速報、中間もランク外で、最後にヒョコっと出てくるのが前回と同じパターン(笑)。40位だったら次に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した時に、中居(正広)君にまたイジってもらえたのに(笑)。

C 38位にSKE48のくーみん(矢神久美)。今回は、SKE48勢がまさに"名古屋一揆"を実現。35位にはチームKIIから、唯一ちゅり(高柳明音)が、ランクイン。速報38位、中間40位とデッドラインギリギリから浮上。今回の順位を受けて、KIIのリーダーに正式決定したとブログで発表がありました。

A 開票前日には、KII初のAKB48劇場公演があって、ロビー観覧も規制がかかるフィーバーっぷり。今は1K(1000円)公演のKIIだけど、そろそろ覚醒の時。ちゅりの"怪鳥パワー"で引っ張っていって欲しい。

B 30位の小森はコメントが秀逸だった。「もっと成長したい」と語った後、もう声にならず、出てきたのが、「ピッ、ピュウ」というヒヨコのような鳴き声。ムクチ(『マジすか学園』(テレビ東京系)の小森の役名)のキャラともダブらせつつ、AKB48一の"不思議ちゃん"っぷりの面目躍如でした。

C 28位には、ぱるる(島崎遥香)が研究生では、トップ当選。メンズサイゾーでは、当初から健闘すると予想していて、速報ランク外で外れたかと思ったら予想的中。「週プレ」表紙、"AOKI選抜"も入って爆推されですからね。アイドル界隈では有名な金髪のヲタ氏も結構な票を投じたらしいですね。

A 25位はAKB48のチームBの"官房長官"のなっちゃん(平嶋夏海)。「親友のSDN48の浦野一美ちゃんと約束したので来年はもう少し痩せて、このポッチャリ体型をスレンダーにしてがんばります」とダイエット宣言。新チームBはぽっちゃりが多いのに、露出度高い衣装が多くて、チーム全体でダイエットを推奨。

B そして、24位ですよ!! 現場の支持が篤いSKE48のスノーホワイト・まさにゃ(大矢真那)が大躍進。「大矢真那って誰? と思った方も沢山いらっしゃると思いますが、私がSKE48の大矢真那です!」の"アイデンティティの咆哮"は胸を打たれました。『新世紀エヴァンゲリオン』第十九話「男の戰い」で、迷いの果てにエヴァに乗ることを選んだ碇シンジの「僕はエヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジです!!」の絶叫を彷彿させました。

C 速報32位で、中間27位の1217票から最終24位で4634票を獲得。この増加幅は、3.81倍で、全メンバー中最大でしたね。劇場公演の功労者をファンの現場の声で上位に挙げる。去年の佐藤亜美菜が起こした"亜美菜の乱"をSKEから真那が起こしました。「ステージは裏切らないと信じ続け、全力投球していきます」のコメントも見事でしたね。

A 21位と22位の差がこの選挙の一番の運命の分かれ目。結局21位がみゃお(宮崎美穂)の6371票で選抜入り、22位がらぶたん(多田愛佳)の6145票でアンダーガールズのセンターに。「泣きすぎて手が痺れてきた」と泣きじゃくる子ども泣きで、今回のメンバーで一番の大号泣。アンダーガールズはセクシーな曲が多い傾向だけど、らぶたんセンターでどうなるのか、注目です。

B 20位には、はるごん(仲川遥香)が初の選抜入り。前回圏外から速報から予想外に順位が高くて、それをキープできたのもすごい。これは前回予想の"鶏口牛後"の法則ですね。彼女は「ポニーテールとシュシュ」のシアターガールズ「僕のYELL」でセンター、そこで注目されて、人気を押し上げたと。

C 18位は、亜美菜。前回8位のミラクルは今回は起きなかった。やっぱり絶対的な票数が増えて、一人のヲタの力で順位を変えるのは限界が来たね。でも、「握手会でファンの方から『もっと番組に出てアピールしなきゃ』と言ってくださったのに、メディアに出れない状況でどうやって自分をアピールしたらいいのかと思って......」とまたしても、積年の思いを吐露しましたね。

A 「18位で前回より順位下げちゃって......」と壇上で落ち込み出した時にはどうしようかと思ったけど、「18位でもすごいよ」というファンの声援が飛び、「ですよね! 私はこれがいけない。努力を惜しまず毎日頑張る」 と切り替えてポジティブに締めくくった。AKBの女ヲタから出発して、オーディションに受かって、メンバーになった亜美菜らしい、"ファンとの対話""心の交流"を見せてたよね。「ファンの声を反映して、メンバーが輝く」、まさにAKB48らしいスピーチだったよ。

B そして、選抜内の運命の分岐点、音楽番組に出られる選抜メディア組が否かのボーダーラインで、13位が11062票であきちゃ(高城亜樹)、12位が11080票でともーみ(河西智美)。わずか18票差で、ともーみが勝利となりました。10位に初日18位、中間15位から松井珠理奈が12168票で大躍進し、初日8位、中間10位だった松井玲奈が11位に、その差はわずか86票。珠理奈が猛攻を見せましたね。

C 100万円分、珠理奈に投票したヲタの話がありましたし、SKE48のレコード会社のクラウンレコードの制作、宣伝を統括する人が、珠理奈に投票するようにTwitterで呼びかけたという......。でも、確かに珠理奈がとんでもない逸材なのは誰もが認めるところですからね。

A 玲奈の「もっともっと上見て、背筋を正して、『1番が取りたい』ではなくて、『お前が1位になれ』と言われるような素敵な人になりたい」は、素直に尊敬するな。今回で、玲奈人気がさらに加速すると思うよ。そうやって"JR"は、互いを高めあって、SKEを牽引して行ってほしいな。

B 6位は高みな(高橋みなみ)。「必ず将来一人の歌手になります。それは絶対に曲げません」と改めてソロ歌手志向を宣言。ある意味、AKB48は高橋みなみというソロシンガーを熟成するためのプロジェクトという側面もあると、僕は思ってるよ。「AKBを好きな気持ちは誰にも負けない」という決意表明もすばらしかった。

C 5位はまゆゆ(渡辺麻友)。「今回はCGレボリューションは起こせなかったけど、来年こそは起こしたい。やっぱり悔しいです。上を目指したい」と貪欲。この子は、負けず嫌いだし、珠理奈以上に"世代交代"をガチで狙いに行ってますね。

A 4位は、ともちん(板野友美)。前回7位からジャンプアップ。中間では3位になった。Kに入って、バキバキに踊ってるし、「ランクアップをバネにがんばりたい」という頼もしい言葉も残してくれました。3位は篠田麻里子様。やっぱり強いね。この二人は、この1年で急増した女性ファンの票が多大な影響を及ぼしたと思います。現場に女ヲタが増えて、写真のトレーディングを俺みたいなオッサンがJC(女子中学生)とできたり、ありがたい限りなので、この二人にはがんばってもらいたい。

B コラコラおっさん。今回は真面目にやろうってコンセプトなのに(笑)。そして、ついにオーラス。2位と1位の発表。2位を発表することで1位がわかるので、ここはもう波を打ったように静まり返ったね。徳光さんの「第2位 AKB48 チームA」の「A」の瞬間の地鳴りのようなファンたちの声はすごかった。

C もう地震でしたよね。あんな経験はしたことがなかったです。

A 俺は一瞬背筋が硬直してから、とめどなく涙が出てきたよ。AKBと共にすごした4年7ヶ月が走馬灯のようによみがえって、嗚咽どころじゃなかった。過呼吸みたいになって、意識が朦朧としたけど、でも、「生きててよかった」と思えた。

B あっちゃんのコメントもよかったですよ。「私は負けず嫌いなので正直悔しい。でも少しだけホッとしている自分がいます。自分は1位の器ではないと思います。 去年1位を頂けてAKBを引っぱっていかなきゃいけない立場だったのに......私にはうまくできなかったみたいです」と心情を吐露しました。この言葉で、さらに涙がどっと出ましたね。1位のプレッシャーをこの子は本当に感じているのかわからなかったんですけど、この言葉で初めて、前田敦子とわかり合えたと思います。"勝者の孤独"を味わってたんだなって。

C そして、大声援によって迎えられた1位の優子は、「今年は背中を押してとは言いません。ついてきてきてください!!」とAKBヒストリーに刻まれる名言を残しました。「AKB48を日本一のアイドルグループになるよう努めますので、全員でもっと前へ進んで行きます」と毅然と言いましたね。実は優子は、日刊スポーツの連載で「1位になったら坊主」をマニフェストに掲げています。これも非常に楽しみです。

A どうボケて笑いに変えるかだよね。いやー、前回以上に、すごいものを見せてもらったよね本当に。ここまで人間が自分たちの感情を爆発させる姿なんて、普通に生きてたら30年に一度も見られるものじゃないよ。それを、10代がほとんどの美少女たちにやらせるんだから、本当にAKB48は「努力と涙と感動のシンデレラストーリー」だね。

B この結果でまたAKB48の行く末が少し見えてきました。SKE48の躍進と研究生のランクインで、"世代交代"が現実味を帯びてきましたし。まゆゆがあそこまで、闘志むき出しのコメントをするのも予想外でしたし、さらにAKB48が面白くなりますよ。

C 「BUBKA」が「田名部生来選抜当選計画」特設サイトまで作ってたなみんがランク外だったのが、個人的に残念でしたね。前回はあっちゃんが4630票で1位だった。でも今回は、24位の真那が4634票で、ほぼ同じ。だから24位以降は前回の1位だと思えるぐらい、胸を張っていってほしいと思います。ランクインしてないメンバーも、さらにチャンスをつかんで欲しい。

A 偶然にも発表前日に、元チームA・エース中西里菜の帰郷をサイゾーが掲載して、Yahoo!トップニュースになったけど、彼女が語った「頑張った子が報われてほしい」という言葉が、大島優子に1位をもたらしたような気がしてならない。「総選挙ガイドブック」で優子は言ってるんだよ。以前、自分は「りなてぃんの次で4番手」だったって。今、女優もこなしながら、劇場であんなに表情豊かに、そして、運動量の多いダイナミズムのある踊りを続けてきた優子が、センターになる姿が見られてうれしいよ。そして、この"政権交代"は、AKB48がさらに変革する可能性の萌芽だと思う。8月のシングルの前に、7月10日、11の国立代々木競技場第一体育館でのライブ。「サプライズはありません」の副題だけど、絶対何かある!! 7月10日は前田敦子の誕生日だし。でも、アイドル戦国時代のAKB48の天下はまだまだ続くね。

B では最後にベスト6を入れて徳光さん風に川柳を......。
「板の(板野)上 忍んだ(篠田)日々が 南(みなみ)向き
前だ(前田)けを行け 言うこ(優子)ともなく」

C 解説を。

B AKB48劇場という舞台(板)の上で、耐え忍んだ日々が、南向きの日のあたる場所に導いた。でも、まだ前だけを見据えて行け。無駄口を言うこともなく......という意味です。

A まゆゆがいないじゃん。

B やびぁあ!!


【AKB48 選抜総選挙2010 ベスト40結果】
1位  再予想1位 公式速報2位 予想1位:大島優子(新チームK:09年2位)
2位  再予想2位 公式速報1位 予想3位:前田敦子(新チームA:09年1位)
3位  再予想4位 公式速報5位 予想4位:篠田麻里子(新チームA:09年3位)
4位  再予想5位 公式速報4位 予想11位:板野友美(新チームK:09年7位)
5位  再予想3位 公式速報3位 予想5位:渡辺麻友(新チームB:09年4位)
6位  再予想8位 公式速報6位 予想6位:高橋みなみ(新チームA:09年5位)
7位  再予想11位 公式速報10位 予想10位:小嶋陽菜(新チームA:09年6位)
8位  再予想6位 公式速報7位 予想2位:柏木由紀(新チームB:09年9位)
9位  再予想9位 公式速報9位 予想9位:宮澤佐江(新チームK:09年14位)
10位 再予想21位 公式速報18位 予想15位:松井珠理奈(SKE48チームS:09年19位)
11位 再予想7位 公式速報8位 予想8位:松井玲奈(SKE48チームS:09年29位)
12位 再予想18位 公式速報13位 予想18位:河西智美(新チームB:09年10位)

(以下、シングル選抜だがメディア出演は一部制限される)

13位 再予想10位 公式速報11位 予想20位:高城亜樹(新チームA:09年23位)
14位 再予想16位 公式速報16位 予想17位:峯岸みなみ(新チームK:09年16位)
15位 再予想17位 公式速報12位 予想19位:小野恵令奈(新チームK:09年11位)
16位 再予想12位 公式速報14位 予想7位:北原里英(新チームB:09年13位)
17位 再予想20位 公式速報21位 予想12位:秋元才加(新チームK:09年12位)
18位 再予想15位 公式速報16位 予想13位:佐藤亜美菜(新チームB:09年8位)
19位 再予想14位 公式速報17位 予想16位:指原莉乃(新チームA:09年圏外)
20位 再予想27位 公式速報19位 予想圏外:仲川遥香(新チームA:09年圏外)
21位 再予想19位 公式速報20位 予想23位:宮崎美穂(新チームB:09年18位)

(以下、アンダーガールズ)
22位 再予想25位 公式速報21位 予想24位:多田愛佳(新チームA:09年20位)
23位 再予想13位 公式速報23位 予想21位:倉持明日香(新チームA:09年21位)
24位 再予想34位 公式速報32位 予想圏外:大矢真那(SKE48チームS:09年圏外)
25位 再予想29位 公式速報24位 予想25位:増田有華(新チームB:09年25位)
26位 再予想26位 公式速報25位 予想35位:平嶋夏海(新チームB:09年26位)
27位 再予想33位 公式速報34位 予想36位:石田晴香(新チームB:09年圏外)
28位 再予想32位 公式速報圏外 予想33位:島崎遥香(研究生:09年圏外)
29位 再予想24位 公式速報28位 予想14位:仁藤萌乃(新チームK:09年圏外)
30位 再予想23位 公式速報26位 予想27位:小森美果(新チームB:09年圏外)
31位 再予想36位 公式速報30位 予想31位:佐藤すみれ(新チームB:09年圏外)
32位 再予想圏外 公式速報35位 予想圏外:梅田彩佳(新チームK:09年圏外)
33位 再予想39位 公式速報29位 予想38位:藤江れいな(新チームK:09年圏外)
34位 再予想38位 公式速報40位 予想32位:米沢瑠美(新チームK:09年位)
35位 再予想35位 公式速報38位 予想30位:高柳明音(SKE48チームKII:09年圏外)
36位 再予想31位 公式速報37位 予想28位:山内鈴蘭(研究生:09年圏外)
37位 再予想30位 公式速報36位 予想26位:片山陽加(新チームA:09年28位)
38位 再予想37位 公式速報33位 予想34位:矢神久美(SKE48チームS:09年圏外)
39位 再予想圏外 公式速報圏外 予想圏外:松原夏海(新チームA:09年圏外)
40位 再予想圏外 公式速報圏外 予想圏外:石黒貴己(研究生:09年圏外)


(構成=本城零次<http://ameblo.jp/iiwake-lazy/>)


「逃した魚たち~シングルビデオコレクション~」


「成長」前の顔立ちが拝める貴重な一枚(通常盤)

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週