>   > 

元EXILE・清木場俊介の"暴行事件"が明るみに!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

kiyokibasyunsuke.jpg
『清木場俊介』

 「EXILE第一章」のボーカル・SHUNとして活躍し、2006年にEXILEを脱退した清木場俊介(30)。08年にエイベックス及び、EXILEのHIROが代表を務める所属事務所LDHからも独立、映画主演やファッションブランドの監修など、広く活動を続けている。そんな彼の「暴力行為」が問題視されている、と、本日発売の「女性自身」(光文社)が報じている。

 記事によれば、清木場は今年1月、酒を飲んで事務所スタッフのAさんに暴行をはたらき、Aさんは左目に眼球打撲を負わされた。Aさんの診断書には『病名 左眼 眼球打撲、隅角後退、低眼圧症 H22年1月27日受傷 上記を認める』とあり、視力は0.8から0.03にまで低下。Aさんは障害認定を申請したという。所属事務所の関係者は、「清木場が酔って、人に手を上げた事件は今回だけではない」と証言。LDHから独立した直後、清木場の山口県の自宅に住み込みで彼の世話をしていた新人スタッフのBさんにも手を上げ、なんとアイロンで殴るという暴挙に出ていたというのだ。Bさんは全治三週間の怪我を負い、「警察へ被害届を出そうとしたが、所属事務所に止められた」とある。

 「女性自身」の取材に対して、清木場の所属事務所は「特に問題があるとは思いません。(中略)朝まで飲めばケンカだって起きますし、スタッフとアーティストの関係ではよくあることですよ」と、あっけらかんと回答。暴力行為に関して、問題視していないようである。スタッフをアイロンで殴りつけたり、失明の恐れにさらすような事態が、日常的に起こっているというのだろうか。

 清木場は、三人兄弟の末っ子として山口県宇部市に生まれた。幼少時代はやんちゃで、高校一年生のときに教員を殴ったことで退学処分をくらっている。その後はとび職、大工などの仕事を転々とし、20歳で建設会社を設立。それと並行して、いつしか自身で詩を書き夜の街で路上ライブを行うようになった。オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京)の超男子オーディション(男性ボーカリストオーディション)に応募し、後にEXILEとして活動を共にするATSUSHIと出会っている(ちなみにオーディション優勝者は、CHEMISTRYの堂珍嘉邦と川畑要)。

「退学後も暴力は常に身近なところにあったようで、傷害事件を起こして警察の厄介になったこともあるようです。また、酒を飲んでいないときは"男気のあるイイ奴"なのですが、とにかく短気でキレやすく、"狂犬"として恐れられていたみたいですね。『ASAYAN』オーディションでは、地方予選でいいところまで進んだにもかかわらず、『審査員の態度にムカついた』という理由で辞退をしたとか」(芸能関係者)

 清木場の敬愛する長渕剛も、かつて事務所スタッフへの日常的な暴力行為が発覚し、問題となった。顔を執拗に殴られ、原型をとどめないほど腫れ上がった社員もいたと言い、こちらも穏やかではない。

 清木場のアイロン殴打事件は示談となり、Aさんも警察に被害届けは提出していない。だがこれは、立派な傷害事件である。数々の歌と言葉で、ファンを勇気付けてきた清木場に、こうした暴力的な側面があるということは、彼のファンを裏切ることにはならないのだろうか。

DVD『男祭 2009 初陣 -2009年11月29日 赤坂BLITZ』


男汁、溢れすぎちゃってる感じですか?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週