>   > 

【円山町テレビ放談】

キングコング、本気で嫌われ過ぎ!?「ライブに絶対行きたくない」観客が13/100人も!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

nishinosan.jpg
『逢いたくて五反田』西野亮廣とおかめシスターズ

 5月20日放送の『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)テレフォンショッキングのコーナーに、お笑いコンビ「キングコング」の二人が登場した。前日の菅野美穂からの紹介である。キングコングは、2003年から08年まで『いいとも!』レギュラー(06年までは隔週レギュラー)を務めていたが、同コーナーへの出演は初めて。スタジオには芸人仲間や加藤鷹、堂本剛からも花が届き、まずは順調な滑り出しだったが、最後の「100分の1アンケート」がまずかった。一部の2ちゃんねる愛用者などは、腹を抱えて笑ってしまったに違いない。

 今夏、「KING KONG LIVE 2010」と題したお笑いライブを開催予定の彼ら。そのライブに、「どんなことがあっても、たとえお金をもらっても行かないという人」はいるかどうか、スタジオのお客100人に問うたのである。司会のタモリも「おいおい、そんなことを聞くのはちょっとやめなよ~」という表情で二人をたしなめたのだが、キングコングは持てる勇気を振り絞って(?)、お題をこれに決めた。このアンケートで100人中、該当者1人だけという結果になれば、お土産に「いいとも特製ケータイストラップ」をもらえるのだが、結果はなんと、13人......!! 曲がりなりにも人気芸人、しかも今、目の前にいるコンビのライブに、「絶対に行きたくない」お客が100人中13人も......!? この結果に、キングコングの二人もさすがにショックを隠しきれない様子だった。

 これまでたびたび、インターネット上では、キングコング(とりわけツッコミ・ネタ作り担当の西野亮廣)の嫌われぶりが話題となることがあったが、実際に目前にいる観客にもここまで嫌われているとは驚きである。ある意味、「嫌われ芸」と呼んでもいいかもしれない。ちなみに、そんな西野の処女小説『グッド・コマーシャル』(幻冬舎)が5月25日に発売となる。なんだかんだ批判をしながら、彼のことが大好きな「アンチ」は一読してみるといいだろう。

 さて、明日のテレフォンショッキングゲストは、もう24歳になったとは思えないベビーフェイスを維持する小池徹平。彼の名前が出た時に、客席からこの日もっとも大きな歓声が上がったことは、言うまでもない。


『西野亮廣独演会』


苦行ですね、分かります

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週