>   >   > 

優木まおみとほしのあき......明暗分かれた新旧競馬キャスターの評価


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

yuukihoshino.jpg
左:優木まおみ『mirage』、右:ほしのあき『プレゼント』

 今年1月から『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)キャスターを務める優木まおみ(30)。「エロかしこい」をキャッチフレーズに、着実に突き進むかと思われた。しかし2月、しずるの村上純、次長課長の井上聡と立て続けに熱愛報道が流れた。両サイドとも交際を否定しているが、立て続けに熱愛報道が流れたのは、極めて珍しいことだ。

「優木は美人だけど下ネタもOKで、おまけに頭の回転が早いからバラエティ番組でも重宝される。そんな彼女の存在を脅威に感じたライバル事務所が、今回の恋愛ネタをリークしたという噂があります。村上も井上も吉本所属の芸人で、優木と吉本芸人を絡みづらくさせるための"陰謀"だったのかもしれません」(芸能関係者)

 しかし、これで芸能生命のピンチに立たされた......と思いきや、熱愛報道はあっという間に沈静化し、彼女は何事もなかったかのように各メディアに引っ張りダコ。もちろん、吉本芸人とも共演している。これは彼女の人柄に拠る所が大きい。

「ブレイクまで時間がかかった彼女は下積み期間が長く、そのせいもあってか、日頃からスタッフや共演者に丁寧に接し、仕事に対しても人一倍熱心です。そんな彼女を、『熱愛で騒がれたから』という理由で降板させるなんて、ありえないことです」(週刊誌記者)

 実際、3月3日のブログで優木は仕事の悩みについて書いている。その日はモノマネ特番の収録があり、優木も参加したが「正直いって、お世辞にも似てたとは言えないでき」と肩を落としていた。周囲に「モノマネのプロじゃないんだからしょうがないよ」と励まされたが、それでさらに落ち込んでしまったという。「プロとしての責任を果たしている仕事があるのだろうか?」と記しており、彼女のプロフェッショナルな姿勢がうかがえる。そんな彼女の姿勢はファンにも伝わっているようで、『みんなのKEIBA』でのキャスター業も、まだぎこちない面はあるがG1シーズンに向け一生懸命勉強しており、評判は上々だ。

 さて、競馬キャスターの優木の前任といえば、ほしのあき(33)だが、こちらの評判は芳しくない。

「競馬の勉強をほとんどせず、スタッフ受けもよくなかった。さらに番組では自分が命名した牝馬「ハシッテホシーノ」を"ホシーノちゃん"と呼んでキャーキャー大騒ぎしたり、番組内での空気を読まない言動&行動など、競馬ファンからの評判は散々でした。そんな彼女の評判が決定的に悪くなったのが、競馬界のニューヒーロー・三浦皇成騎手との熱愛騒動です。13歳も年下の三浦騎手との熱愛は、競馬関係者やファンを激怒させました」(週刊誌記者)

 ほしのは追われるように番組を"卒業"したが、彼女との熱愛報道後、三浦の新人当初の輝きはすっかり失われてしまっている。たびたび斜行をやらかしているが、今年1月11日には中山競馬4Rで9頭落馬のトラブルのきっかけを招き、騎乗停止処分を受けた。一部では「ほしのに生気を吸い取られた」と言われているが、三浦に期待する競馬関係者には、シャレには聞こえないようだ。

 スキャンダルが起きても逆風が吹かなかった優木と、スキャンダルで吹き飛ばされたほしの。三十路グラドル対決は、優木に軍配が上がりそうだ。
(文=榛名平蔵)

『DVD少年タケシ 創刊号』


多部未華子×優木まおみ! お宝本格化する前にGET!!

amazon_associate_logo.jpg

ほしのあき写真集『秘桃』


ちょ、マジ、おま......すげぇ~よこの胸!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週