>   >   > 

祝"エリカ様"帰還!!

"エリカ"様を継承するのは戸田恵梨香か、それとも......?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sawajiri_takano.jpg
記者会見で朗らかな笑顔を見せる元祖・エリカ様

 3月16日、沢尻エリカが、ホテル「コンラッド東京」で行われた「たかの友梨ビューティクリニック」新CM発表会見に出席した。実に2年半ぶりの芸能界復帰。控え室では、たかの友梨氏とともに大粒の涙を流していたと言い、会見中にも今回のCM撮影に関して「今でも覚えてます、あの興奮を。やっぱり表現することが、自分は本当に好きなんだと。私には、これしかないんだなと。撮影が終わった後もずっと興奮して、眠れなかった」とコメントし、感極まって瞳を潤ませる場面も見られた。報道陣に対して腰を90度に曲げ、深々とお辞儀をするなど、殊勝な態度をアピールしていた。

 かつては、第19回東京国際映画祭オープニングイベントにて、ヒョウ柄コートにジーンズ、サングラスという場違いな格好でガムを噛みながら登場し、「ドレスを着飽きたので、今回はこういうファッションで参加しました」と言い放ったり、映画『クローズド・ノート』会見での「別に......」発言が話題となった沢尻。高圧的な態度から"エリカ様"というあだ名が定着していたが、結婚や留学を経て、一皮ムケた大人の女性になったのだろうか。

 だが、エリカ様不在の間に、芸能界の若手女優枠には何人もの"ポスト・エリカ様"が台頭している。

 まず、もっとも"ポスト・エリカ様"に近いとされるのは、名前も同じ戸田恵梨香。野心家で、向上心の強さゆえに、時として攻撃的な態度を取ってしまうことがその理由だ。また、沢尻が会見した16日、都内の別の会場では、ヘアカラーの似合う著名人に贈られる「ヘアカラーリングアワード2010」の表彰式が行われていた。その女優部門で受賞したのが、戸田恵梨香。受賞後の会見では、男性タレント部門で受賞したつるの剛士が、報道陣に沢尻の話題を振られて「別に......」とふざけたが、その後にインタビューを受ける予定だった戸田は沢尻のネタを振られることを危惧したのか、急きょ事務所が主催者を通じて「質問は受賞の感想と今後の抱負、この2点のみしか受けない」と変更。これでは「6カ条のご誓文」を言い渡した元祖・エリカ様と同様に見られても仕方がない?

 続いては、沢尻の元所属事務所に所属し、後輩にあたる北川景子。明治大学卒で、美貌だけでなくインテリジェンスのある女優として人気である。だが、過去に「合コン女王」というあまり誇らしくない"女王様"ぶりをスポーツ紙に書かれ、西麻布や三宿の飲食店で盛大に合コンを楽しんでいる様子がレポートされたこともある。早稲田大学の"ハンカチ王子"こと斎藤佑樹投手とも食事をしたり、木村了、宮尾俊太郎、山下智久と立て続けに交際をスッパ抜かれる奔放さは、ある意味"エリカ様"に通ずるところも?

 また、すっかり主演女優クラスに成長した堀北真希も負けてはいない。

「疲れているのかもしれませんが、テレビドラマ収録の現場にギリギリか遅刻してくることが多いようです。おまけに、いつも機嫌が悪く、スタッフが挨拶しても返事をせず、ディレクターの指示にもうなずくのみで、現場の空気が凍りついたとか」(スポーツ紙記者)

 NHK大河ドラマ『篤姫』に出演後、フジテレビの看板枠・月9ドラマ『イノセント・ラヴ』で主演を務めるなど好調な時期を経て、周囲にちやほやされ過ぎてしまったことが原因だと言われているが......。今年は、松山ケンイチと共演した映画『誰かが私にキスをした』でハリウッドデビューも果たす予定。増長することなく、丁寧な仕事ぶりを期待したい。

 最後に、年齢はやや上だが、マスコミや撮影現場での悪評が絶えないのが小西真奈美。

「以前、ファッション誌の撮影に立ち会ったのですが、衣装が気に入らない、爪に塗られたマニキュアの色がイヤだ、などと些細なことを理由にキレて控え室に閉じこもってしまったんです。他の現場でも同様の話を聞き、正直、もう取材したくないと思いました」(ファッション誌ライター)

 また、週刊誌の取材を「袋とじがあるような雑誌はイヤだ」と取材当日にドタキャンしたことも。沢尻より8歳も年上とは思えない態度だが、31歳となった現在は、少しは丸くなったのだろうか。

 生き馬の目を抜く芸能界の頂点を目指すからには、強い自我や個性も当然必要だが、周囲への気配りや感謝の気持ちなくして仕事は成立しない。沢尻は今回の会見で「私を育ててくれたことに感謝している」と元所属事務所への感謝の気持ちを述べる一幕もあったが、当時からそのことに気付いていれば、猛烈な"エリカ様"バッシングも防げたかもしれない。"ポスト・エリカ様"たちには、沢尻と同じ轍を踏まないように気を付けていただきたいものである。
(文=清水美早紀)

『Baduizm』エリカ・バドゥ


こちらは本物の歌姫エリカ様の名盤

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週