>   >   > 

態度だけじゃなく中身も立派になって復帰?

沢尻エリカ、"セミヌードCM"の後はハリウッド映画デビュー!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

erika_free.jpg
ERIKA『FREE』ソニーレコード

 昨年、契約違反を理由に所属事務所「スターダスト・プロモーション」から解雇を通達され、海外に渡っていた沢尻エリカ(23)の芸能界復帰が近付いている。すでに復帰作となるCMの撮影やファッション誌の撮影を終え、さらにアカデミー賞監督の新作など映画への出演オファーも舞い込んでいるという。

 沢尻と夫のハイパーメディアクリエイター・高城剛氏は、不当解雇だとして、スターダストを訴える構えを見せていた。これに対しスターダスト側も沢尻に、2,000万円の"違約金"を求める準備を進めるなど訴訟合戦に発展する様相を呈し、沢尻の芸能界復帰は困難と見られていた。しかし、沢尻が昨年末に極秘帰国し、話し合いの席でスターダストと和解。円満退社という形に落ち着いたらしく、芸能界復帰への障壁はなくなった。

「一部で報じられたように、大手エステサロン『たかの友梨ビューティークリニック』のCMキャラクターとしての復帰が決まっています。数年前、同サロンが沢尻にCM出演を依頼していた経緯があり、今回は高城氏が逆に売り込んだようですね。新しい所属事務所は決まっていませんでしたが、たかの友梨と関係の深い芸能プロに入ることが内定しているといわれています。CMをインパクトのあるものにするため、セミヌードを要求されたそうですが、沢尻にとっては願ってもない復帰のチャンスですから、断る理由はありません。放映時期は未確定ですが、今春か遅くても今夏。放映前には、大々的なお披露目会見が予定されています」(芸能プロダクション関係者)

 活動休止前から演技力の高さが評価されていた沢尻には、映画出演のオファーが殺到しているといわれ、今週発売の「女性自身」(光文社)によれば、アカデミー賞監督の作品への出演オファーも舞い込んでいるという。同誌の記事には「アジア系アカデミー賞監督のSF作品」と書かれており、『ブロークバック・マウンテン』でアジア系初の監督賞を受賞したアン・リー監督が考えられ、もし事実ならハリウッドデビューも見えてくる。

「高城氏とスペインに渡った沢尻は、スペイン語も英語も日常会話レベルに達しており、海外作品への出演も問題なくなっています。復帰後は映画出演、CM出演、モデル活動、『ERIKA』としての歌手活動に加え、高城氏のプロデュースによるエッセイ出版など、休養前よりも活動の幅を広げていくようです。もともと、演技力やルックスは若手女優の中でもトップクラスでしたから、順調にいけば完全復帰は難しくないでしょう。ただ昨年、奄美大島のレイブパーティーでハイテンションになった彼女の"パンツ丸出し写真"が写真誌にスクープされていますし、活動休止の原因となった『別に......』騒動のようなスキャンダルを再び起こさないか心配ですね」(前出)

奔放さが魅力でもあるエリカ様だが、同じ失敗を繰り返せば、今度こそ復帰は絶望的となるだろう。今回つかんだ復帰のチャンスを何とかモノにし、新たな魅力を見せてほしいものだ。

(文=ローリングクレイドル/Yellow Tear Drops

『オーガニック革命』集英社


一方その頃、旦那は......

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週