>   >   > 

猛プッシュが続くも売れないIMALU......ついにさんまが手を貸す日が!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

imalu_pocky.jpg
グリコポッキー公式サイトより

 明石家さんまと大竹しのぶの愛娘として、十四光を背負い、昨年芸能界に降臨したIMALU。ファッション誌「Zipper」(祥伝社)でファッションモデルとして活動し、グリコ「ポッキー」のCMイメージキャラクターにも就任。最近では、『洋服の青山』2010年度フレッシャーズラインの新イメージキャラクターにも起用され、同社とのコラボレーションブランド「"suits me"IMALU」を発表、仕上がりに「100点! 私と同じ年代の方が着やすいもので、ファッションとしても楽しめるのがポイント」と自信を覗かせた。 さらにドラマ『リアルクローズ』(フジテレビ系)で主演の香里奈演じる天野絹恵の妹・まゆ役を演じてドラマデビューも果たしており、デビュー1年目ながら八面六臂の活躍を見せた。ところが、その活躍ぶりに反して、消費者は冷ややかだ。彼女を「売れっ子」にしようと目論み、背後で動く「大人たち」が透けて見えすぎてしまうのかもしれない。

「カワイイ若手女優や歌手が次々と登場する中で、"二世タレント"というだけでは、ファンがつくはずもない。テレビ局や広告代理店は彼女を売り出すのに必死ですが、明石家さんまというテレビ界の大物タレントが父親である以上、逆に彼女単体でのインパクトが薄くなってしまっています。彼女のウリは何か? 同世代のタレントと比べて一体何が突出しているのか? そういった、多くの人々に伝わるような魅力のないまま、大きな仕事が決まっても、視聴者はしらけるばかりです」(芸能記者)

 デビュー直後に、友人のブログから飲酒写真が流出したり(当時は未成年)、バツイチであるばかりか不倫経験者であることを最近、元カノの小阪由佳に暴露されてしまった175RのSHOGOとの交際が発覚したりと、スキャンダル処女もあっさり貫通したが、後追いするメディアはゼロ。これも十四光の威力と見られても仕方ないだろう。

 そんなIMALUが、今年1月13日発売のデビューシングル「Mashed potato」(ユニバーサル・シグマ)で、ついに念願の歌手デビューに辿り着いた。幼少期から歌うことが大好きで、10歳からHipHopダンスを習い、独学でギターも始めていたIMALU。クリスティーナ・アギレラやグリーンデイ、ノーダウトなどの洋楽を好み、中学卒業後は単身カナダへ語学留学する気合いの入れっぷりだった。それだけに、デビュー曲への想いもひとしおで、リリックを自ら手掛けている。「本当の自分」をテーマにした楽曲で、ジャケットは「自分に対する外からのイメージを破壊する」という意味を込め、両親の威光に頼らない生き方を目指す彼女自身の強い気持ちが表れている。

 だがしかし、デビューシングルはオリコンデイリーチャート初登場50位、と惨敗。事前に音楽系ニュースサイトのみならず、さまざまな媒体で宣伝活動がされたにもかかわらず、さほど話題にはならなかった。

「この結果に、IMALUは少なからずショックを受けているといい、いよいよ、さんまが動くのではないかと言われていますよ。もちろん、音楽番組に彼女をねじこむというわけにはいきませんが、彼女が3月に二枚目のシングルを出すタイミングに合わせて、これまで頑なに拒んでいた"親子共演"もありそうだとか。もちろん、それでますます"二世タレント"としての印象は強まってしまうでしょうが、まずは彼女のキャラクターをもっと一般層に知ってもらうことが狙いです。記者会見などの場に登場し、いくらニュースで取り上げられても、それだけでは一向に状況は変わりませんからね」(前同)

 彼女の歌声に関しては、評価は決して低くない。元メガデスのマーティ・フリードマンも「日経エンタテインメント!」(日経BP社)の連載で「本物」と認め、特に高音パートを絶賛している。シンガーとしてのIMALUは、「七光り」レベルにとどまらない魅力を持っているようだ。

 これまでにも、"二世"と称されるタレントは数多くデビューし、ひっそりと消えていった。1998年に北野武の娘・北野井子がX JAPANのYOSHIKIのプロデュースによりエイベックスから歌手デビューし、世界のキタノがプロモーションビデオを監督するなど激推ししたにもかかわらず、徐々に話題性を失い、デキちゃった結婚で芸能界を去っている(05年に女優として復帰)。松田聖子と神田聖輝の娘として注目された神田沙也加(SAYAKA)は、現在は舞台女優として活躍しているが、テレビなどのメディア露出はすっかりなくなった。IMALUは日本芸能界に燦然と輝くポップスターになれるか? 今後の展開に注目だ。
(文=清水美早紀)

『そんな名前 欲しくないよ』ユニバーサルミュージック キティMME


失恋ソングとか歌うと、さんまちゃん泣いちゃうよ

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週