>   >   > 

【アイドル音楽評~私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて~ 第4回】

黒木メイサ、歌手としての実力は? 女優の余芸を超える"ヤル気満々"新譜の出来


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

kurokimeisa_attitude.jpg
『ATTITUDE』SMR

 この連載用に新譜チェックを欠かさず行っているが、新年はリリースが停滞するな......と嘆いていたところ、編集部から元日に発売された黒木メイサの『ATTITUDE』(SMR)はどうかと提案された。そこで、初の「お題モノ」として取り上げてみたい。本年もよろしくお願いします。

 正直、このミニ・アルバム『ATTITUDE』のリード・トラックである「Are ya Ready?」を聴いたときには、てっきりエイベックスからのリリースかと勘違いした。それは単純にR&B~ヒップホップ色の濃いサウンド・プロダクションに安室奈美恵を連想したからだった。

 実際、クレジットを見てみると、2009年12月16日に発売された安室奈美恵のニュー・アルバム『PAST<FUTURE』に楽曲を提供しているU-Key zoneが全面プロデュースしているではないか。そりゃ連想するよ。彼は山田優、KinKi Kids、後藤真希、三浦大知、SPEED、青山テルマなどに楽曲を提供している、気鋭のプロデューサーだ。

 安室奈美恵の『PAST<FUTURE』では、彼女と長年タッグを組んできたT.KuraやNao'ymtの存在感が大きいなかで、1曲のみ参加していたU-Key zoneも、黒木メイサの『ATTITUDE』ではその実力を遺憾なく発揮している。エレクトロな音色の大胆な使い方が気持ちいい「Are ya Ready?」「#1」、プリミティヴなリズムを強調した「Kind Of Guy」、オートチューンを多用したミディアム・ナンバーの「Late Show」、幕引きにふさわしいバラードの「Awakening」。シンガーひとりとトラックメイカーひとりの関係は、一歩間違えば単調になる危険性もあるが、そこは難なく回避。3曲がインストルメンタルで、ヴォーカル曲は6曲というコンパクトさも、アルバムに統一感を与えている。

 一方、黒木メイサのシンガーとしての実力はどうかと言えば、下手ではないし頑張っていることは伝わるが、安室奈美恵並みのレベルには達していない。やる気は非常にあるのだが、扱いに困る部活の後輩のような感じだ。とはいえ、U-Key zoneと作詞家のMOMO"mocha"N.がわざわざ「ヴォーカル・プロダクション」とクレジットされているだけあって、細部に至るまで歌唱方法を指導されている様子がうかがえ、女優の余芸、という領域を超えている。 

 そもそも黒木メイサはアイドルなのか。いや、彼女は女優だ。こうした女優の歌手活動というのは連綿と続く芸能のひとつで、知名度を活かした手堅い商売でもある。とはいえ、黒木メイサと同じスウィートパワー所属で仲も良い堀北真希は、特に歌手活動をしていない。それに対して黒木メイサは、「これだけ表現したいことがある若者もいるのか」と感心するような能弁さで歌手活動に臨んでいる。公式サイトにある「役者業って溜め込むことが多いんですけど、音楽で自分を発散していて」という一文が鍵なのかもしれない。

 また、この『ATTITUDE』からは、いまどき珍しいことに、リード・トラックの「Are ya Ready?」さえ、着うた先行配信などが行われていない。これについて本人は「アルバムをパッケージで聴いてほしい」という主旨の発言を公式サイトでしており、これもまたずいぶん昔堅気だなと感心した。21歳だというのに、私の世代(30代後半)の感覚に近い。そして、インタルードも挿入している『ATTITUDE』は、確かにアルバムとして聴いたほうが楽しめる構成の作品でもある。オリコンでの最高順位が49位といまいち振るわなかったのが惜しまれるぐらいだ。やはり、着うたの先行配信ぐらいしないといけない時代なのだろうか。

 さて、黒木メイサと同じスウィートパワーには、南沢奈央も所属している。彼女が歌手活動をするならば、ベッタベタの90年代路線などいかがだろう? 広末涼子にどこか似ているし......とまた単純な連想をして筆を置こう。

◆宗像明将
1972年生まれ。音楽評論家として、日本のロックやポップス、英米のポップス、ワールドミュージックを中心に執筆。その一方、2002年からソニンのヲタに。彼女の歌手活動停止後は、魂の救済を求めてPerfumeとtoutouのヲタになり地下へ。現在は地下から地上までのアイドル・シーンを見守る。http://www.outdex.net/diary/

『ATTITUDE』


一度聴いてみる価値はあるかも

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週