>   > 

AKB初心者へ捧ぐ!!

AKB48おっぱい&ヲタ対応ランキング!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

akb_sakuranoshiori.jpg
14thシングル「桜の栞(TypeB)」(キングレコード)

 「RIVER」でチャート1位を記録し、年末年始は『紅白歌合戦』(NHK総合)など、音楽番組に大量出演したAKB48。メンバー総出演の連続ドラマ『マジすか学園』(テレビ東京系)もスタートし、グループとしてはブレイクを果たしたが、まだまだ各メンバーそれぞれの顔と名前を一致させるのは難しいことだろう。そこで、「メンズサイゾー」がメンバーのおっぱいデカいランキングベスト10を独自リサーチ。グラビア露出も積極的に始めたAKB48を、おっぱいの大きさから覚えて頂くことにしよう。加えて、AKB48の現在の人気の礎となった「握手会」の対応をランキング化し、ベスト&ワースト5を発表。AKB48をファンを魅きつける、おっぱいと握手の両面から覚えてみよう!!

●「メンズサイゾー」的おっぱいランキングベスト10

akb_kuramochi.jpg
第1位 倉持明日香(くらもち・あすか)
1989年9月11日生まれ、B82.5・W59・H85

 父親はプロ野球元ロッテの倉持明氏で、プロレスラー・小橋建太ファンを公言する、もっちー。昨年は中学生時代に撮影された"手ブラ"写真が「FLASH」(光文社)に掲載されたことでも注目を集めた。過去の恥部を明かしたことで、"憑き物"が落ちた彼女は「ヤングジャンプ」(集英社)とAKB48のコラボによる「チームYJ」で惜しみなくグラビアを披露。ファンの間では"くびれの女王"として知られていた圧倒的なプロポーションを公開した。推定Dカップ。

akb_shinoda.jpg
第2位 篠田麻里子(しのだ・まりこ)
1986年3月11日生まれ、B87・W57・H85

 メンバーで最高身長の168cmを誇り、雑誌「MORE」(集英社)でモデルとしても活動する麻里子様。『おもいッきりDON』(日本テレビ系)水曜レギュラー、『うまプロ!』(フジテレビ系)司会などバラエティー番組にも進出中。メンバーからも慕われる美を誇りながら、性格はフレンドリー。写真集『Pendulum』(ワニブックス)では、水着姿でモデル体型のスレンダーバディとふくよかなバストを披露。推定Dカップ。

akb_kojima.jpg
第3位 小嶋陽菜(こじま・はるな)
1988年4月19日生まれ、B80・W60・H86

 本人は否定してもやっぱり天然系のこじはる。ドラマ『コインロッカー物語』(テレビ朝日系)、『メン☆ドル~イケメンアイドル』(テレビ東京系)で主演しているが、本人はバラエティー志望。美乳と美尻のセクシーバディーの持ち主として知られており、出版社争奪戦の末、昨年11月に集英社から初水着写真集『こじはる』が発売された。推定Cカップ。

akb_kashiwagi.jpg
第4位 柏木由紀(かしわぎ・ゆき)
1991年7月15日生まれ、B75・W54・H81

 清楚さとブラックさを具有するハイブリッドアイドルのゆきりん。演技経験ゼロにも関わらず、
ミュージカル『AKB歌劇団 ∞infinity』で主演を見事にこなした努力家で、歌もダンスもスキルフルな新チームBキャプテン。『ひるおび!』(TBS系)で史上最年少の女子高生お天気お姉さんを担当。身長163cmでW54(!)という驚異のスレンダーさにも関わらず、胸も見事に成長し、写真集『以上、柏木由紀でしたっ』(東京ニュース通信社)が、お天気お姉さんが水着になったインパクトもあってか、2009年年間写真集売り上げナンバー1を記録。推定Cカップ。

akb_oshima.jpg
第5位 大島優子(おおしま・ゆうこ)
1988年10月17日生まれ、B77・W55・H78

 子役出身の女優暦14年ながら"変顔"も得意で、バラエティースキルの高い優子。さらに、チームK内ダンスユニット・"梅島夏代"としてもゴリゴリのヒップホップダンスをこなす、まさに、キャッチコピー通りの"変幻自在のエンターティナー"。写真集『ゆうらりゆうこ』(竹書房)『優子のありえない日常』(ワニブックス)で、たわわに実ったバストを披露。推定Cカップ。

第6位 大堀恵(おおほり・めぐみ)
1983年8月25日生まれ、B83・W58・H82

 AKB48のセクシー担当のエロエロ姉さんで、メンバー最年長26歳のめーたん。大堀めしべとしてソロデビューするも、「1カ月で1万枚売らなければ強制卒業」という厳しいルールが課され、決死の"ハグ会"で見事1万枚を達成。昨年8月からはSDN48としても活動。その波乱の半生をエッセイ『最下層アイドル あきらめなければ明日はある!』(WAVE出版)として出版。写真集『大堀恵×妄撮 甘い股関節』『ちび妄撮』(ともに講談社)を出版し、DVD&Blu-ray Disc『あぶなゑ』(ポニーキャニオン)でも大人の色香を惜しげもなく露出。推定Cカップ。

第7位 小野恵令奈(おの・えれな)
1993年11月26日生まれ、B78・W59・H84

 天使のような愛らしさでキラキラパワーを放出する、えれぴょん。映画『ひぐらしのなく頃に』シリーズに出演するなど女優としても活動。ルイ・ヴィトン製作短編アニメ『SUPERFLAT FIRST LOVE』では、ソロとしてイメージソング「FIRST LOVE」を担当。写真集『恵令奈~14歳の夏』(ワニブックス)『キラ☆キラ』(竹書房)で、予想外なまでにふくよかに成長したバストを見せた。推定Bカップ。

第8位 峯岸みなみ(みねぎし・みなみ)
1992年11月15日生まれ、B80・W60・H86

 パワフルなダンスと、豊富な知識を生かしたトークでMCを仕切るしっかり者のみぃちゃん。ユニット・ノースリーブスとしても活動し、『AKBINGO!』(日本テレビ系)の企画でバク転に挑戦し、補助ありながら、成功を収めた。 写真集『SOUTH』(ワニブックス)でフレッシュな肢体をアピール。推定Bカップ。

第9位 仁藤萌乃(にとう・もえの) 
1992年7月22日生まれ、B78・W54.5・H80

 お嬢様イメージながら、『週刊AKB』(テレビ東京系)でバンジージャンプを成功させた肝っ玉クイーンの萌乃。『マジすか学園』(テレビ東京系)では、リアルなヤンキー役が話題に。「プレイボーイ」(集英社)とAKB48のコラボによる「チームPB」で初の水着を披露し、予想外の胸の谷間を披露した。推定Bカップ。

第10位 野中美郷(のなか・みさと)
1991年4月20日生まれ、B87・W64・H91

 新チームKへの昇格を控える研究生・みちゃ。大人びたルックスで『AKB歌劇団 ∞infinity』で披露したOLの衣装がハマりまくっていたことが語り草に。まだ、水着を公開したことはないが、実はバスト87、ヒップ91というダイナマイトバディの持ち主。正規メンバー昇格を期にその全貌がつまびらかになる日を待ちたい。推定Bカップ。

●番外編
 すでに40名以上が卒業を果たしているAKB48。卒業メンバーの中には"けしからんおっぱい"で知られる者も多かった。有名なのが、成田梨紗で、91cmという驚異のバストを誇り、 「夢は大きく、胸も大きく」と自ら胸をキャッチコピーに使い、DVD『AKB48 Graduation』『ピュア・スマイル』でごっくんバストを見せた。また、現在も『すイエんサー』(NHK教育)でAKB48と共演する大島麻衣も89cmを誇り、1月25日に2nd写真集『Fairy Tale』(ワニブックス)を発売。そのほか、88cmの松岡由紀、87cmの早野薫、79cmながらメンバーから"瓜π(うりパイ)"と評された瓜屋茜など、多くのメンバーが踊るたびにゆっさゆっさと揺れるパイオツでヲタを狂喜乱舞させた。また、名古屋で活動するSKE48から大人のセクシーグループ・SDN48に移籍した手束真知子はかつて、グラビアアイドル・原田桜怜を名乗り、当時は92cmのGカップを誇った。SDN48は胸の谷間もあらわな衣装で、大胆な開脚や「♪セックスをしたくなるの」という過激な歌詞もあり、おっぱい好きの諸兄は一見の価値アリ。

        ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

 続けて、AKB48ならではの「握手会」対応ベスト&ワースト5を発表しよう。新たな卒業式の定番曲を狙うニューシングル「桜の栞」(2月17日発売)の全国7カ所での握手会や、3月13日、14日、22日に東京ビッグサイトで行われる初の"携帯撮影会"の参考になること請け合い!! 

●この娘に会えば癒される!! 「握手会」対応ベスト5
第1位 柏木由紀 
第2位 宮澤佐江(みやざわ・さえ)
第3位 大堀恵
第4位 秋元才加(あきもと・さやか)
第5位 渡辺麻友(わたなべ・まゆ)

 "現場人気最強"を誇る柏木は、本人がハロプロのファンだった経験もあり、ファン心理を熟知。ヲタの言葉に必ず大きいリアクションで返してくれるホスピタリティー(もてなしの心)あふれる対応で知られている。宮澤は"ゲンキング"の二つ名通り、いつも元気でハイテンション。落ち込んだ時でも彼女に会えば励まされる。大堀は26歳ならではのオトナの付き合いをしてくれる。常連になるとほかのトコロも握ってくれるかも!? また、秋元はメンバーからアニキと敬愛されるように、筋の通った性格と礼儀正しさで有名。清々しいまでの笑顔とお辞儀で迎えてくれる。"CG"と評されるほど、美麗な顔つきの渡辺は予想外にノリノリ。特に『マクロスF』『けいおん!』などアニメネタを話すと、彼女が使い出してメンバー内に流行した"やびゃあ"がナマで聞けるゾ。

●この娘に会うと凹まされる!? 「握手会」対応ベスト5
第1位 前田敦子(まえだ・あつこ)
第2位 奥真奈美(おく・まなみ)
第3位 多田愛佳(おおた・あいか)
第4位 板野友美(いたの・ともみ)
第5位 宮崎美穂(みやざき・みほ)

 選抜1位だけにライトファン人気が高い前田だが、基本的に「本当ですか」「ありがとうございます」しか言わない。期待して握手に行って、凹まされるファン急増中。奥は劇場支配人・戸賀崎智信氏からも「子どもに逃げてる」と評された握手嫌い。"ツンデレ"で知られる多田をデレにするまでにはかなりの投資が必要。以下、板野、宮崎もムラっ気があるじゃじゃ馬で、彼女たちを飼いならすのは至難の業。だが、握手会に行き、ファンレターを書き、思いを伝えるうちに彼女たちも次第に心を開いてくれるはず。
(文=ポイズン戸田)

前田敦子写真集『あっちゃん』集英社


貧乳エース

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週