>   >   > 

【円山町テレビ放談】

藤原紀香は「離婚で最強に近付いた」!? 年下女の挑発にも動じぬ"紀香魂"


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

norikabody.jpg
『紀香バディ!』講談社

 女性タレントが、食事をしながら様々なぶっちゃけ話を披露する人気バラエティー『グータンヌーボ』(フジテレビ系)。新年早々、2日にそのスペシャル番組が放送された。ゲストとして登場したのは藤原紀香、蛯原友里、りょう、藤本美貴、亀田興毅、細川茂樹、上地雄輔、坂本勇人(読売ジャイアンツ)など、正月らしく華やかな顔ぶれ。なかでも、38歳を迎えた紀香、三十路に突入したエビちゃん、そして番組MCの優香・29歳の3人でトークを展開した「女子力(じょしりょく)グータン」において、紀香の地雷を踏みまくる年下女子のKYぶりと、それにメゲない紀香の雄姿が際立っていた。

 待ち合わせの店に一番乗りし、飲食店のベランダでストレッチを開始するなど、ハイテンションで調子の良さそうな紀香。3人が揃い、「女子力にカンパイ!」と音頭を取ったのも紀香だった。「女子力」とは、いわば「女らしさ」「女性としての魅力」を指すものと思われるが、その女子力を向上させるために、紀香は加圧トレーニングで体を鍛えていると言う。すると優香が「私、実は紀香さんと同じ加圧スタジオに通ってるんです! 目指せ、紀香バディ! って思って頑張ってます」と告白。さすが紀香、同じ芸能人からも憧れの対象とされているようだ。

 好きな異性のタイプを聞かれ、「お互いの良さを認められる人。相手のことを思いやって尊敬できる人がいいよね」と大人の回答をした紀香とは違い、「浮気しない人がいい!」と口走ってしまったエビちゃん。陣内智則の浮気ネタを散々週刊誌に書かれ離婚に至った紀香にその話題は、地雷なのでは......? しかしそこは紀香も大人、意に介さず「やっぱりそこにつながるんだよね。相手(の男性)にもモテてほしいけど、一線を保てるかどうかっていうところが大事」と余裕の返しを見せる。

 ところが、エビちゃんが次に放った一言が、またもや地雷源となった。

エビ「よく男の人って『女が言うカワイイって分かんない』とか言いますよね」
紀香「男の人の言うカワイイとかセクシーとかは(女の思うカワイイと)全然違うよね」
エビ「結局、見た目じゃないですかあ」
優香「でも、完璧な女の人って、男の人は苦手だったりするじゃないですか。女の人から見ると"こうなりたい"と(目指すような)、そういう完璧な女の人」

 ......あれ? 冒頭で散々、紀香のことを「キレイ」「紀香バディが憧れ、目指してます」などと持ち上げておきながら、ここでオトすのか? 紀香は吐き捨てるように「どっか抜けてる女の方が、男の人は良かったりするのよね」。エビちゃん、優香、恐ろしい子......!

 そのままお題は「彼との別れ」という、紀香の離婚話を避けては通れない方向に。エビちゃんがサラッと放った「(離婚して)何か変わりました?」という質問に、紀香は

「最強に近付いた」

 と力強く答えていた。なんでも、友人である大黒摩季が、陣内との離婚に際して「でもノリ、人は苦しんだり涙を流した分だけ最強に近付くから」という内容の励ましメールを送ってくれたのだという。そのメールに勇気づけられた紀香は「そうだね、うん! 身も心も最強になれるように頑張るよ」とポジティブシンキングに転換できたそうだ。

 年下女子たちにさりげなく貶められても、あくまでも冷静に大人のトークに徹し、番組を盛り上げた紀香。離婚を経て最強に近付いた紀香のパワーは、2010年も全開だ。
(文=清水美早紀)

だめんず・うぉ~か~ DVD-BOX


大女優だもんね

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週