>   >   > 

アメリカから見た「タイガー・ウッズ スキャンダル」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

51ZRDSCE75L._SS500_.jpg
『タイガー・ウッズの強い思考~ビジネスにも効く! 驚異のメンタル術~』
著:John Andrisani/日経BP社刊

 今アメリカ国内で一番メディアを騒がせているのが、タイガー・ウッズの不倫問題である。しかし、日本のメディアは、アメリカに比べてまだこのスキャンダルを深く報道していないようなので、ここでどういう騒動が起きているかを解説したい。

 事の起こりは、11月末にアメリカのタブロイド誌「National Enquirer」に掲載された、タイガーの愛人No.1(と呼んでおこう)の暴露記事である。その直後、タイガーが自宅近くで起こした交通事故は、彼と夫人のエリン・ウッズがこの記事について口論していたために起こった、と伝えられている。

 タイガーは当初、記事の内容を否定していたが、その後12月11日に「私の浮気が原因で、妻を含む家族や友人に大きな迷惑をかけ、心痛を招いた。(中略)よりよい夫、父親、そして人間として生きるため、プロゴルフ界からの無期限の休養を宣言する」という声明を自身のウェブサイトに掲載し、不倫の事実を認めた。その後タイガーとその家族は、フロリダにある自宅に事実上閉じこもっているが、その間にもエリン夫人の母親が発作を起こしてウッズ家から救急車で運ばれたり、結婚指輪を外した夫人が目撃されたりしている。そしてついに12月15日、自宅からトラックで荷物を運び出す夫人の姿が目撃されている。アメリカのセレブ・ゴシップ誌『People』によると、クリスマスを前に、エリン夫人はタイガーに見切りをつけて子どもを連れて出て行こうとしているらしい。二人の間でどういう話し合いが行われたかは定かでないが、夫人が離婚を決意したのではないかと巷では囁かれている。

 不倫、といっても一度や二度ではなく、これまでに結婚後に彼と性交渉を持ったという女性が14人ほどメディアに名乗りをあげている。そのすべてが真実を語っているとは到底思えないが、それにしても気になるのは「相手の女性」が割と似たタイプであることであろう。相手女性の職業は、ナイトクラブのマネジャーやカクテル・ウェイトレス、ポルノ女優などで、そのほとんどが白人系。ブリーチした金髪と大きな偽の乳房を持つ女性が多く、堅気の女性とは到底思えない。

 先日、愛人No.1の女性が『PLAYBOY』誌からヌード披露の誘いを受けており、値段を交渉中であるという報道があった。もともと、スキャンダルはこの女性の口の軽さから周囲に広まり始めたらしい。この女性はタイガーから口止め料をもらっているという噂だが、それでも黙っていられないようである。もっとも、真実が明るみに出るのは時間の問題だったであろう。そして、今この真実が暴露されたことで、タイガーの人生はこれから急激な変化を迎えるはずだ。

 アメリカにおいて、スポーツ選手やセレブ、そして政治家の不倫問題は今始まったことではもちろんない。最近では、「A-ROD」の愛称で呼ばれるニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手とマドンナとのゴシップと、その後の双方の離婚劇が記憶に新しい。しかし、A-RODはもともとクリーンなイメージで売っていたわけでもなく、その後もスキャンダルなどどこ吹く風でプレーを続けている。スポーツ選手はそのくらいの太い神経を持っていたほうがいいと思うのは筆者だけであろうか。

 タイガーのスキャンダルにおける一番の問題は、彼の真面目でクリーンなイメージで売っていた部分と、現実とのギャップの部分にあるのかもしれない。彼が裏で行っていたダーティーな行為が、キリスト教徒が多く、(離婚率は高く崩壊家庭も多いが)家庭的なイメージを重んじるアメリカ人に総スカンを食い、そして異常なまでの好奇心をそそったのである。

 筆者はタイガーが本当に真面目な人物であると今も疑っていない。しかし、幼い頃から英才教育を受けてきたスーパースターたちは、マイケル・ジャクソンやブリトニー・スピアーズも含め、後の人生で何らかの精神的なバックラッシュ(反動)に見舞われることが多い。それは、幼い頃からメディアやファンの注目を受け、厳しい親の監視下で育ってきたことで、普通の子ども時代や恋愛を謳歌することが出来なかったため、という要素が大きいだろう。このようなスーパースターたちは、一度道を外すと、普通の人生を生きてきた人間よりも打たれ弱いところがある。

 タイガーはもともと結婚するべきではなかった。もっと、独身者としての自由を結婚前に謳歌すればよかったのである。結婚後に独身者のような振る舞いをした結果として、最愛の妻や子どもを傷つける結果になってしまったのだから。独身者であれば、一定の彼女を作らずに誰とどこで遊ぼうと、誰も何も文句は言わないはずである。イメージを重視しすぎた結果として、彼はそのイメージに後で押しつぶされる結果となってしまったのではないか。人間は自分の人生を、自分の心に正直に生きなければ、どんなスーパースターでどれほどお金を持っていても、心から幸せにはなれないものである。

 当のタイガーは、休養声明を発表した後、未だに沈黙を守り続けている。しかし、彼にはこれからもゴルフを続けていくしか道はないのである。不倫スキャンダルの結果として彼の結婚生活が崩壊しようと、タイガーが史上最高のゴルフ・プレーヤーの一人であることに変わりはない。この一見醜い経験が、今後彼をよりしなやかに強く、優しい人間に変えることをファンの一人として、祈るばかりだ。
(文=相馬 佳)

『タイガー・ウッズ PGA TOUR 09 ALL-PLAY』エレクトロニック・アーツ


いっそ、愛人18人いればいいのに......

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週