>   > 

凶悪なスプーの産みの母

ニコニコ生放送で、はいだしょうこのスプー伝説再び!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

haidashouko.jpg
はいだしょうこオフィシャルwebサイトより

 宝塚歌劇団出身のタレント、はいだしょうこに対する一般の人々の認識は、単純に知らない、という人を除けば、多くは3つに大別できるのではないだろうか。

 1つは、"NHK『おかあさんといっしょ』の元うたのおねえさん"として、もう1つは、"フジテレビ『笑っていいとも!(以下「いいとも」)』の火曜日レギュラー"として、そして最後に、"スプーの人"として――。

 ここで、「スプーって何?」と思われた方はどれくらいおられるのだろうか。フジテレビの編成部に訊ねたところで決して認めはしないだろうが、個人的には『いいとも』のレギュラーに抜擢されたのも、それがきっかけだと思えてならないのだが、とにかくはいだは――少なくともネット上においては――この「スプー」によって、生ける伝説となったのである。

 スプーとは、『おかあさんといっしょ』の番組内のキャラクターであり、元々イラストの腕には非常に問題のあったはいだなのだが、2006年4月28日の同番組内で、スプーの絵描き歌を披露した際の、はいだの描いたスプーは、あまりも破壊的な仕上がりで、その動画がYouTubeにアップされるや爆発的な反響を呼び、一躍はいだは熱い注目を浴びる存在となった。さらに、明らかに絵としておかしいはいだのスプーを3次元化し、フィギュアで見事に再現する猛者までもが現れ、そのフィギュアを出品したヤフオクでは、イタズラ入札ながら最高価格が7億円に達する盛り上がりを見せた(その後再出品を経て4万円で落札された)。

 その後は『いいとも』だけでなく、元々音楽のエリート家庭に生まれ歌唱力は折り紙つきのはいだは、一緒にスプーの絵描き歌を描いていた今井ゆうぞう(ちなみに今井の描いたスプーは普通にスプーだった)とのジョイントコンサートのチケットが即日完売するなど、本来のアビリティを遺憾なく発揮するなどしている。

 そんなはいだは、11月25日に「ニコニコ動画」内の「ニコニコ生放送」の番組、『とりあえず生中(二杯目)』に出演した。水曜日は音楽に関係するゲストが登場する本番組、最初のうちは、生歌を披露するなどしていたものの、やはりネットユーザーたちにとっては、スプーの衝撃は忘れることができないのだろう、番組の後半は、はいだがイラストを披露しまくる展開になったのであった。

 現在、公式サイトの放送後記である「ニコ生日誌」では、はいだ画伯のイラストがたっぷりと堪能できるので、是非アクセスしていただきたい。エントリーの1番上にある画像は、司会の陣内智則と松嶋初音が、はいだを挟んでそれぞれの描いた新幹線のイラストを披露しているものなのだが、はいだの描いた新幹線にも、エントリーを読み進めると遭遇することができる。予想は裏切るが期待は裏切らないその仕上がり、とくとご覧いただきたい!!

(文=B.I.Sachiko)

『ぐー☆チョコランタン ふわふわスプー M』


本物はこんなにカワイイよ

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週