>   > 

イケメンは不良グループに取り込まれやすいからね

史上最速の転落!! 受賞直後に飲酒喫煙が発覚したジュノンボーイくん


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

junon.jpg
『JUNON1月号』主婦と生活社

 女性向け雑誌「JUNON」(主婦と生活社)が主催するイケメン審査会「第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」。11月23日の勤労感謝の日に、応募総数1万5,491人の中から、予選審査を勝ち抜いたファイナリスト13人で最終選考会が行われ、グランプリが決定した。栄冠を勝ち取ったのは、神奈川県在住の高校二年生、稲葉友(いなば・ゆう)くん。「稲葉」だなんて、名字からしてイケメンな彼、ネット上でも「ホントにイケメン!」と彼の正統派美男子ぶりを評価する反応が多く見られた。選考会では、平井堅の曲を歌い上げたことから、「ゲイ疑惑」まで匂い立つ始末だったが......。グランプリ獲得から一夜明け、早くもその「やんちゃぶり」が曝される事態となっている。

 発端は、中高生に絶大な人気を誇るウェブサイト作成サービス「前略プロフィール」。手軽に自己紹介ページを作成できるサービスなのだが、ここに本名で登録していた稲葉くん及び、彼が組んでいるバンドメンバーの日記などに、飲酒や喫煙をほのめかす発言と画像が含まれており、話題となっている。

 現在は日記が削除されているが、あるエントリーでは、「14時に起床し、お笑いライブを鑑賞しながら飲酒。ライブ終了後に居酒屋へ連れて行ってもらい飲酒。終電がなくなった頃に帰宅し、朝4時半に就寝」といった一日の様子が綴られ、きわめて乱れた生活が見てとれる。

 「ジュノンスーパーボーイ」といえば、小池徹平や溝端淳平のような「清純」「爽やか」なイメージをウリにした面々が活躍中で、稲葉くんの憧れも小池徹平だという。先輩の顔に泥を塗ることのないよう、稲葉くんも素行を正してほしいものである。とはいえ、小池らにもジャニーズのワルガキ・赤西軍団と親しくしているとのウワサも絶えず、芸能界など皆同じ穴のムジナという感じもするが......。

 授賞式では「これがゴールじゃないと思う。スタートと思ってしっかり頑張っていきたい」と、淀みない16歳の瞳をキラキラ輝かせながら誓った稲葉くん。波乱の幕開けとなったが、グランプリの名に恥じぬよう頑張ってほしい。

『kiss me,kiss me teppei koike』主婦と生活社


バイじゃないけど、小池クンならイケそうな気になる?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週