>   > 

映画も絶賛上映中

大人気女児向けアニメの新シリーズ情報が特許庁サイトからネタバレ!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

precure.jpg
映画『プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』

 日曜日の朝は伝統的に、各テレビ局で低年齢の子ども向け番組が流れる時間帯だ。現在、テレビ朝日系列では7時半から9時にかけて特撮やアニメなど三本の番組が放映されている。

 その中で、8時半から流れている女児向け人気アニメが『フレッシュプリキュア!』。中学生の女の子たちが伝説の戦士"プリキュア"に変身し、敵と格闘戦を繰り広げていく『プリキュア』シリーズの6作目で、シリーズの継続年数はすでに『美少女戦士セーラームーン』を超えている。セーラームーンがそうだったように、本来のターゲットである女児のみならず「大きなお友達」と俗称される成人のアニメファンに人気が高く、特に現在のシリーズはこれまでになく「エロい」と評判だ。

 そんなプリキュアの新シリーズ情報が、ネットで早くも取り沙汰されている。ただし、その出所というのがとんでもない。11月5日、2ちゃんねるに「2010年プリキュアタイトル確定!」という書き込みが現れた。続いて特許の【出願番号】と「ハートキャッチプリキュア!」というロゴの画像が。なんと、特許庁のサイトである特許電子図書館の商標広報DB(データベース)で、プリキュアシリーズを制作している東映アニメーション株式会社による「ハートキャッチプリキュア!」の商標出願が確認できたというのだ。

 この報を受けて立てられた「ハートキャッチプリキュア! その1」「【アニメ】プリキュア新シリーズのタイトルは『ハートキャッチプリキュア!』」などのスレッドには、さらに来年2月発売予定の「2010年新プリキュア」アクセサリーグッズに関する印刷資料の画像が投稿されている。そこには「キャラA」「キャラB」の二人分しか描かれていないことから、新シリーズでは初代プリキュアのように女の子二人組に戻るのではないか? と、気の早いファンたちはさっそく議論を交わしている。

 このような「情報流出」は、2ちゃんねるでは珍しいことではない。週刊少年漫画板には、まだ早売りもされていない号のタレコミを行う人物が定期的に投稿しており、情報の正確さには定評がある。2007年8月には、長期休載を繰り返してきた冨樫義博『HUNTER×HUNTER』の連載再開が報じられ、蜂の巣をつついたような騒ぎとなった。今年2月には、人気アニメ『ストライクウィッチーズ』2期制作決定の報が公式発表の二日前に証拠画像つきで投稿されている。これらはファンが待ち望んでいた情報だが、より不祥事に近い情報漏洩もあり、2007年のアニメ『バンブーブレード』を制作していたAICの内部資料がファイル共有ソフトWinny経由で流出した際は、制作費のあまりの安さに衝撃を受けるアニメファンが続出した。

 今回の件も、そんなネットにおける「ネタバレ」の一例である。プリキュアシリーズを手掛ける東映アニメーションに、新シリーズの情報が事実か問い合わせたところ、「正式発表前の現段階では何も申し上げられない」とのことだった。それにしても、まさかこんなところから「大きなお友達」に発見されてしまうとは、東映アニメーション側でも予想だにしていなかったのではないだろうか。ちなみに、mixi内のプリキュアコミュニティでは、プリキュアファンである女児の親御さんたちにも話題が広がっており、「大きなお友達」のみならず本来のターゲットである女児たちも楽しみにしているようだ。

『フレッシュプリキュア!【6】』


幸せゲットだよ!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週