>   > 

最終回は20%超えるかもね

TBS嫌いの2ちゃんねるでも絶賛の嵐 好調のドラマ『JIN-仁-』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

jin.jpg
『JIN-仁-』公式サイトより

 日曜夜9時放送のドラマ『JIN-仁-』が、高視聴率をキープしている。『六三四の剣』(小学館)などで知られる村上もとかの同名コミックが原作で、大沢たかお演じる大学病院の脳外科医・南方仁が、幕末の江戸にタイムスリップするという一見奇想天外なストーリー。仁は坂本龍馬や勝海舟ら幕末の英雄たちと交流を深めながら、21世紀の医療技術と知識で江戸の人々を救おうとする。目の前の患者を救えば歴史を変えてしまうかもしれない......という仁の葛藤や、丁寧に江戸の町を再現した美しい映像が見どころだ。

 日曜夜9時といえば、日本テレビの高視聴率番組『行列のできる法律相談所』が長らく一人勝ちの状況だったが、『JIN』は初回の2時間スペシャルが16.5%、二週目も16.4%で『行列~』超えを達成。さらに3週目では初回を超える17.2%の高視聴率を記録して連続で『行列~』に勝利している。

 報道関連で不祥事続きのTBSは、ネットでは2ちゃんねるを中心に、「偏向報道」など何かと叩かれがちだが、『JIN』に限っては2ちゃんねらーたちからも賛辞の書き込みが相次いでいる。

・TBSのくせに面白かった、次もみるよ
・ドラマで次週もまた観たいと思ったのは数年ぶりだわ
・TBSの番組を見なければならないのが悔しい
・他局なら20%を軽く超えてるレベル

 女優陣の好演も高評価の要因だ。たとえば、映画『おっぱいバレー』では「おっぱい」というキーワードを連呼しつつ奮闘するも、巨乳にばかり注目が集まり今ひとつ演技を評価されていなかった綾瀬はるかだが、『JIN』では武家の娘・咲を演じ、着物姿で泥だらけになりながら仁に医療器具を届けるなど健気なヒロインを好演。最近の女優では珍しく時代劇のカツラと着物が似合い、綾瀬の新たな魅力が引き出されている。

 また、ダブルヒロインの中谷美紀は吉原の花魁・野風を演じ、豪華な衣装で妖艶な魅力を振りまく。清楚ながら芯の強い武家の娘と妖艶な花魁、好対照なヒロイン二人だが、どちらも月曜からの仕事を控えて"サザエさん症候群"に喘ぐ会社員を癒してくれる清涼剤の役割を果たしている。のみならず、夫に先立たれ子どもと共に長屋でつつましく暮らすタエを戸田菜穂、梅毒に侵された花魁・夕霧を高岡早紀、咲の厳格な母親を麻生祐未が演じ、熟女マニアをも満足させる配役となっているのも隠れたポイント。

 さて、今期のドラマはこの『JIN』といわゆる月9『東京DOGS』(フジテレビ系)が好調だが、この二つのドラマには共通点がある。どちらもジャニーズタレントを起用していないのだ。以前は出演するだけで高視聴率が確約されるとも言われ重宝されていたジャニタレだが、TBSでは前クールでSMAP香取慎吾が主演した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が視聴率的に大失敗に終わっており、ドラマ視聴者のジャニーズ離れが進んでいることを裏付けている。

 大沢たかおをはじめ、内野聖陽、小日向文世ら決して派手ではないが実力派の俳優陣が集まった『JIN』の成功は、「とりあえずジャニーズを出しておけば視聴率が取れる」という、安易な方向に流れていたドラマ界の潮流を変える起爆剤となりそうだ。

(文=ローリングクレイドル)

『JIN-仁- 16巻』集英社


もう現代に戻らなくてもいいじゃない

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週