>   >   > 

おっぱいは正義!

朝ドラがエロすぎる!? 倉科カナちゃんの胸元ばかり見てしまう視聴者急増中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

kana.jpg
ラストDVD『Beach Angels 倉科カナ in サウス・ストラドブローク島』

 NHK朝の連続テレビ小説、通称朝ドラがこれまでにない盛り上がりを見せている。祭りの根源は、9月末に始まったばかりの『ウェルかめ』ヒロインの、倉科カナだ。

 2006年の「ミスマガジン」に輝き、グラドルとして活動してきた彼女は、あどけない童顔にいまどき珍しく凛々しい太眉という顔立ちと、89センチFカップの巨乳が共存する逸材。『ウェルかめ』では徳島県を舞台に編集者として奮闘する姿が描かれているが、彼女の眩しさに完全にヤラれてしまい、ストーリーどころではないという視聴者の声が続出している。2ちゃんねるの実況板は毎朝祭り状態で、「おっぱい信者」は着々と広がりを見せている。

・朝からムラムラして困る
・今日もおっぱいに目がいってしまった
・録画した15分のドラマを一時停止、スロー、コマ送りして20分ぐらいかけて見ちゃってるよオレww
・朝ドラすげーよもう、早起き最高
・俺の嫁とか言わないからさぁ。みんなのでいいじゃん

 確かに、洋服を着ていても目立つおっぱいの膨らみはこれまでのヒロインとはかなり違う。

 実は、水着グラドルから朝ドラヒロインに抜擢されたのは倉科が初めてではない。フジテレビビジュアルクイーンに選出された実績を持ち、2002年旭化成の水着キャンペーンガールを務めた宮地真緒が、同じく2002年下半期の『まんてん』で屋久島出身で宇宙飛行士を目指すヒロインを演じた過去がある。宮地も87センチのバストを持つアイドルだったが、その巨乳ぶりが倉科ほど強調されることはなかった。

 その他にも、小池栄子やMEGUMI、井上和香といったグラビア出身の巨乳タレントが脇役として出演したことはあるが、そこはやはりNHK、『ウェルかめ』のように溌剌と揺れるおっぱいを拝めるシーンづくりは行われなかった。倉科カナという「健康的」と「エロ」を両立したヒロインを起用し、その両面を存分に生かした今回の朝ドラは、国営放送NHKにとって革命的事象だ。

 ただ、朝ドラの視聴者層は巨乳をこよなく愛する男性だけで構成されているわけではない。老若男女、世代性別を問わず様々な視聴者が、伝統的なこの枠を楽しみにしている。そこで懸念されるのが、「もしあの巨乳が"エロすぎて朝ドラにふさわしくない"などというクレームが入ってしまったら......」ということである。そうなれば、極力胸の大きさを隠せるようなスタイリングが施され、かつ撮影アングルも遠慮がちなものになるのではないか、毎朝僕らの心を癒してくれるあのおっぱいが封印されてしまうのではないか......不安は尽きない。

 だが巨乳は巨乳。そう簡単に貧乳にすることはできない。そこで倉科は、巨乳を生かしながらも多くの視聴者層に愛されるよう、懸命な役作りに励んでいるようである。もともと痩せやすい体質で食も細い倉科は、NHKの朝ドラにふさわしいヒロイン像を建設するため「健康的な体」づくりのために「とにかく食べている」とインタビューで語っている。役作りのために体重増加も厭わないとは、まさに名優ロバート・デ・ニーロのようではないか。

 彼女の努力に免じて、NHKは来年3月まで路線変更せずに、あの健康的な肢体を存分に拝ませてほしいものである。


『ミスマガジン2006 倉科カナ』


家宝にすべし

amazon_associate_logo.jpg

『Beach Angels 倉科カナ in サウス・ストラドブローク島』


最後の水着作品。品切れになる前にぜひ

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週