>   >   > 

『嫌がる西野翔×悦ぶキモ男 ~嘘の撮影を仕組んでキモ男のオモチャにさせる~』西野翔


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「俺は俺が作りたいものを撮りたいからここにいるんだよ。女優なら従うべきだろ!」

「私は女優だからこそ無茶な変更は賛成できないんです。女優は商品として大切に扱って貰うべきでしょ!!」

 な、なんと...。これは前代未聞の問題作か!? 監督と女優が撮影中のスタジオで大喧嘩をはじめてしまったのだ。女優魂を剥き出しにし大論争を繰り広げているのは、今回の主役、ベテラン女優の西野翔ちゃん。そして、喧嘩の元を作った相手は、これがAV初監督作品でありながら態度だけは異常にデカイ新人監督のじゃがーだ。そして、そんな衝撃的瞬間を映像に収めていたのは、オフショット担当のらくだ監督である。

 そもそも、癒し系アイドルの翔ちゃんがなぜここまで取り乱しているのか説明すると、新人監督のじゃがーが、ヲタク根性を丸出しで、仕事そっちのけのセクハラ行為を繰り返していたため。遅刻している男優の代わりに、その場にたまたま居合わせた電気修理工と絡ませたり、下手くそな男優を連れてきて強引に潮吹きをさせたり、挙句の果てには2人きりでハメ撮りしようと要求したり。究極の妹を描いた純愛ドラマだったはずが、監督がその場の雰囲気で台本を勝手に変更しまくり、その結果、プロ女優である翔ちゃんが激怒してしまったのだ。

 しかし、これは完全なるどっきり(バレバレだったかな?)。本当の監督は、メイキング担当のらくだ監督で、じゃがー監督など存在しないのだ。しかし、そうとも知らない翔ちゃんは、無理難題にも懸命に応えようと必死になって身体を張る。いやな相手でも懸命に感じようとし、実際に絶頂まで迎えてしまうのだ。

「悪い人じゃないと思うけど、本当にセックスできますか?」

 彼女の怒りの理由は、よい作品を作りたいという想い。それだけなのだ。本作のテーマは、今流行りのキモ男たちに玩具にされる美人女優の姿を描いたものではあるが、それを知った上で筆者は言いたい。

 西野翔の女優魂よ、天晴れ!!

(AV評:文月みほ)

Amazonで詳細を見る

◆メーカー:MOODYZ◆品番:MIDD-548◆時間:120分◆価格:2980円




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週