>   > 

もはや宗教!? AKB48最新シングル「言い訳Maybe」オリコンデイリー1位を支えたヲタたち


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

akb48.jpg
「言い訳Maybe」キングレコード

 SMAPの新曲を破ってオリコンデイリーチャート1位を獲得したAKB48の新曲、「言い訳Maybe」。オリコン1位にも関わらず、CD所有者はそんなに見かけない。

 それもそのはず、「会いに行けるアイドル」である彼女たちに接触するためには、同じCDを何枚も買う必要がある。AKBにハマりきったオタクたちが、2桁以上の枚数のCDを買い、メンバーたちに「お布施」しているのだ。特典だけを抜き取って買ったCDを捨てるという、かつてのビックリマンチョコのような事態さえ起こっている。

 彼女たちの荒稼ぎ方法は、「AKB48商法」として有名である。08年2月にリリースした「桜の花びらたち2008」では、「ランダムに封入される44種類のポスターを全種コンプリートした購入者だけをイベントに招待する」というシステムを採用。その後、独占禁止法に抵触する恐れがあるとの理由で、同様の販売形態を中止したという経緯がある。

 今回の「言い訳Maybe」でも、握手目当てに「合計60枚買った」などと書き込むAKBファンが多数だ。

 通常、1枚の券では1人のメンバーとしか握手できないため、12人のメンバーが参加するイベントのために12枚のCDを購入するというファンが多い。それどころか、1時間おきに再入場するため、「12人×10時間で120枚は普通」というファンも。

「1回の握手は数秒で終わりますから。ベルトコンベアの上を運ばれるような感じです。何回も並ぶのは、『顔を覚えてほしい』ためだと思いますけど」(アイドルウォッチャー・S氏)

 そんなにも彼らがAKB48に投資するのは、単に彼女たちが好きなだけではなく、オタク界での地位と名誉を守りたいからだとする可能性もあるという。

「AKBオタク界には、新規から古参まで、完全な序列ができています。学生のファンを指す『ピンチケ』から、コンサートのたびに何万円も投資する『TO(トップオタ)』まで、まるで宗教のようになっています」(前出S氏)

 中には無賃乗車を繰り返して全国ツアーをおっかけ、さらには会場にさえ無券で入場する悪質なファンもいるとのこと。AKB48を取り巻くマナーの悪さについては、世間的にも認知され始めている。

「低年齢層のファンがかなりの割合を占めるためか、非常識なファンが多いのが現状です。そのような悪行を掲示板に書き込み、武勇伝として誇らしげに語るファンも少なくありません。会場周辺でのマナーも悪く、近隣からのクレームが相次いでいます」(前出S氏)

 そんなにイレ込むファンが大量発生する一因は、メンバーの不節操さにあるとする声もある。

「一部のメンバーには、コンサートのたびに十万円単位でお金を使ってくれる『ヲタ奴隷』がいるのも有名な話ですしね。プロデューサーやテレビ局関係者ならまだしも、アイドルがヲタ奴隷まで接待しているなんて噂もありますし......」(某紙芸能記者F氏)

 数十万円をつぎ込んで好きなメンバーに接待される者から、たった3秒の握手で済まされる者まで、徹底的な格差社会の様相を呈しているAKB48界隈。かつての『モーオタ』を彷彿とさせる拝金主義システム。オリコン1位のアイドルユニットを作り出したのは、プロデューサー・秋元康のしたたかすぎる戦略と、半ば廃人じみたファンたちの財布であったようだ。

 しかも最近では、インフルエンザ対策として、メンバー間では握手会後の手洗いをより入念にするように指示されているとか......。純真そうな笑顔に魅せられたファンの苦悩は深い。


「言い訳Maybe(劇場版)」


"AKB48選抜総選挙"に当選したメンバーが歌ってます!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週