>   >   > 

女性ヴォーカリスト過激パフォーマンスの祖?

元祖ロリータパンク娘・戸川純の現在とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

togawajun.jpg
『TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008』
(ソニー・ミュージックダイレクト)

 J‐ROCKシーンで加速度的に過激になっている、女性ヴォーカリストたちのパフォーマンス。ライブ中にストリップを始めたパンクロックバンド「ミドリ」の話題は記憶に新しい。30代を迎えた有名シンガーたちも例外ではなく、元JUDY AND MARYのあの人も、インディーズ時代には深夜のラジオ番組で放送禁止用語を連呼していたし、新作アルバムのジャケットでヌードを披露して耳目を集めた彼女も、かつてはライブで生理用品を客席に投げ入れたりしていた。過激なパフォーマンスでコアなファンを集めるのは、ロッカーとして大成するための通過点になっているともいえる。
 
 そんな現代に繋がるパンクの系譜の源流に位置するアーティストが誰かといえば、80年代に世の「不思議系」少女たちから強烈な支持を集めた、戸川純の名前が第一に挙がる。初期の「釣りバカ日誌」などを好演した演技派女優であり、奇抜なコスプレ姿で「愛してるって言わなきゃ殺す」などの過激なフレーズを歌い上げていた元祖「ヤンデレ」娘である。そんな彼女はいま、どんな活動をしているのだろうか。

「もともとの危うい性格もあって、90年代後半よりメディアへの露出は減ってきていたが、タレントだった妹・京子が02年に自殺して以来は特に危なっかしい状態が続いていた」(20年来交流がある芸能ライター)

 一時代を築いた有名シンガーでありながら、他のアーティストにほとんど言及されない稀有な存在である彼女。作品の出版をめぐって所属事務所と対立して自殺未遂を起こしたこともあったが、現在所属しているテイチクとの関係は極めて良好だというから往年のファンも一安心!?

「活動が続いている『ヤプーズ』だけでなく、新しく立ち上げた『東口トルエンズ』や『ゴルゴダ』のヴォーカリストとして精力的に活動しています。新宿界隈を中心にライブもやっていますので、ほとんど変わらない姿を見られますよ」(前出のライター)

 今年7月には、芸能活動30周年を記念したDVDボックスも発売したばかりの彼女。特筆すべき点は、音楽活動に対するスタンスが変わっておらず、クレイジーなままで進歩を重ねている点だという。「ヤプーズ」「ゲルニカ」時代の作品には若年層のファンも多く、「YouTube」や「ニコニコ動画」などに上がる音源は人気動画となっている。

「詩集の刊行や長編小説の執筆など、多方面に活動を予定している。意味不明な発言も多く、何をやりたいのかわからないともいえるが、そういったところも彼女らしい」(前出のライター)

 一貫性がないように見え、その実は他のどんなアーティストよりも一貫性を持って活動している彼女。「元祖ロリータパンク娘」戸川純は、これからもパンクであり続けるようだ。


『JUN TOGAWA~30TH ANNIVERSARY』


30年間パンク一筋!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週