>   >   > 

美人すぎる新人アナ・小正裕佳子も輩出! 女子アナ養成所「キャンパスパーク」の評判


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

 昨今の不景気による経費削減策の影響からか、最近ますますテレビで見かけることが多くなった女子アナ。今年度入社の新人もそろそろテレビ出演を果たす頃だが、一番の注目は入社前から「美人すぎる」「NHKっぽくない」と話題を集めている小正裕佳子アナだろう。


「何しろ東大卒でルックスはアイドル級。しかもミスコングランプリ受賞や雑誌の読者モデルをつとめるなど、民放の人気アナに負けないくらい経歴も華やかです。慣例としてNHKでは新人アナはまず地方局配属になりますが、彼女だけは特例的に東京勤務とし、いきなり人気番組に抜擢して派手なデビューを飾らせる計画もあると聞きます」(女子アナウォッチャー)

 そんな中で注目を集めるのが、小正アナが学生時代に所属していた「キャンパスパーク」。女子大生向けのコミュニティサイトと銘打ち、各大学ミスコン入賞者や女子大生読者モデルがブログを掲載したり就活講座を行なったりしている。だがその名を轟かす最大の要因は、メンバーから多数の女子アナを輩出している点。

 前述の小正アナをはじめ、出水麻衣(TBS)、本田朋子・松尾翠(フジ)、竹内由恵・八木麻紗子(テレビ朝日)、相内優香(テレビ東京)など、各局の看板アナがズラリ。まさに「女子アナ養成所」と呼ぶにふさわしい実績を誇っているが、一方ではその運営方法や各大学ミスコンへの介入ぶりに関して、黒い噂も多数聞こえてくる。

「特に問題となったのが、候補者にAV出演疑惑が次々と持ち上がって大騒動となった2006年の『ミス慶応コンテスト』です。テレ朝入りが内定していたメンバーの竹内由恵が優勝したんですが、選考過程の不明瞭さから出来レース疑惑が囁かれました。さらに『キャンパスパーク』とミスコン主催者&協賛企業との癒着や金集めの手口に関する疑惑が、各週刊誌で大々的に報じられたこともあります」(当時を知る大学関係者)

 他にもあの「スーフリ」との関係が取り沙汰されたり、昨年メンバーの一人である美人医大生が窃盗で逮捕されたりと、きな臭い話には事欠かない「キャンパスパーク」。だがそれでも「女子アナ養成所」としての地位は揺るぎないようで、現在もサイト内には「TBSアナウンススクール」の体験記事が掲載され、各テレビ局との強い結び付きを感じさせる。

 「アナウンサーになりたい!」と願う女子大生とそんな女子アナたちを支持する我々男性がいる限り、どれだけ悪評に晒されようが、今後も「キャンパスパーク」の隆盛は続いていきそうだ。

『魅惑の女子大生従姉 』/リアルドリーム文庫


まあ、大人の事情はおいといて。

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週